ホーム > スタッフブログ > M.KAIのうつ・日記 > 「新型うつ」は病気か?それとも...。Vol.3
スタッフブログ

「新型うつ」は病気か?それとも...。Vol.3

軽そうに見えて治りにくいというやっかいな「新型うつ」だが、この表現は正式名称ではありません。

従来型うつ病は「大うつ病(重いうつ病)」という名称で新型うつと区別されていますが、新型うつ

は、その症状によって「非定型うつ」「双極性障害Ⅱ型」「適応障害」「不安障害」などと呼ばれ、

医師によって見解が様々なのが現状です。

 

「新型うつが増えた要因を何だと考えますか?」と専門家に問うと、大きく分けて3つの答えに集約

されています。

1)社会的背景・特に若者の変化。

2)メディアの取り上げ方の変化。

3)診断基準と新薬の登場。

この3つに関連性があるようには思えないが、一つ一つ検証してみましょう。

 

(1)若者の変化。について言えば、新入社員を対象にした意識調査で、2000年前後から、「入社の

動機」に関する調査で異変が起きています。会社を何を基準で選んだか?という4択の問いに対して

「将来性」等は下り坂なのに対して、「仕事が面白い」という項目が急上昇しているのです。本来、

入社前後に「仕事が面白い」なんて感じる訳が無いのに、この結果があるという事は、就職氷河期を

勝ち抜いた自信が「出来る自分」という偶像を作り上げ、自分への期待値が「仕事が面白い」にすり

替えられてしまった結果だと推察できるのです。

 

しかし、会社生活が始まるとストレスフルな生活が始まり、架空の偶像である自己像が打ち砕かれ、

心のバランスが崩れてしまうのです。従って偏差値の高い大学出身者の方が自分に対する期待値が

高い分、「新型うつ」の発症率もたかくなっています。社会人としての処世術や常識に欠ける分だけ

自分の意見や思惑が通らないとガクっと心が折れてしまうのです。

 

専門家の中には家庭の変化が影響しているとの指摘もあります。今の若者は大事に育てられ、危険

な物には親が触れさせないように庇って来たので、ストレスに対する経験値が低過ぎるようだ。その

上、学生時代に対人関係や相手の目を見て話せないという不安障害や電車に乗ると動機や発汗がして、

苦しくなるというパニック障害を経験していたりする場合が多く、そのまま、企業という縦社会に入

って不条理に直面し、一機にうつが進んでしまう。という例が多く見られます。

 

(2)メディアの取り上げ方の変化。について言えば、「ルーピング効果」という社会現象が一つ上げ

られる。これは、ある病名がマスコミを通して問題化されると自分がその病気かもしれないと疑った

人々が大挙して専門医を訪ね、結果的にその疾患が増える要因になってしまう。という現象の事です。

うつ病に関しても1996年には「うつ」という文字の入った出版物は4冊だったンおに、2011年には33冊

も出ている。うつのドラマなどもあって、身近な存在になったのは事実ですが、メディア、特にネット

による新型うつの広がりを見のがすわけにはいきません。

 

オンラインゲームにはまり過ぎてうつ症状になった人もいれば、うつの人のブログに共感し、この人が

うつなら私も…。と気付いて病院に来る人も増えています。自分のうつ生活をネットで毎日アップして

いる人もいます。ネットとうつの因果関係は不明ですが、何らかの相関関係はありそうだと考えている

専門家も複数居るようです。(つづく)

悩むms.jpg                  家族.jpg

          仕事になるとうつ症状になるにはいろいろな要因が考えられます。☝(1)家庭環境

P.C.idm.jpgブログms.jpgパソコンと手ms.jpg

(2)メディア特に

ネット関係

 

 

 

(3)診断基準と新薬については、次回…。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.vermilion-heart.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/121

PAGE TOP