ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

悲哀とうつ病の境目

ミケニャン日記を何回か記しましたカウンセラーの田中です。

大好きだった可愛いミケニャンを天国に見送ってから、かれこれ、3週が経ってしまいました。

まだまだ、悲しくなってしまうこともありますが、また、ブログも続けていきたいと思うのでよろしくお願いします。

ところで、

昨日の読売新聞に『悲哀とうつ病の境目』という記事がでていました。その中で、うつ病の診断に精神科で広く使用されているアメリカ精神医学会の診断マニュアル(DSM)について書かれていました。

心理カウンセラーである私たちは、精神科医ではないので、このDSMによって、クライアントさんをうつ病であるかどうかは、診断することはできないのですが、私が、以前、メンタルクリニック併設のカウンセリングルームで、インターン研修を受けていた時、この診断マニュアルについても、勉強しました。それによると、うつ病であるかどうかは、質問の並んでいるチェックリストの項目にどの位当てはまっているかによって、決まってきます。

今回、私は、大好きなペットを失って、だいぶ気分的に落ち込んでいたので、ちょっとこのテストをやってみました。悲しみと空虚感で憂鬱、何もやる気が起こらない、何か以前だったら楽しいと思えたことをやってもつまらない、免疫力が落ちたのか、風邪をこじらせ、体調がすぐれない、自分のせいで早くしんでしまったのではないか、もっとこうすればよかったとか、自責の念、等々、当てはまる項目は、たくさんあるし、しかも2週間以上続いている・・・・・・

何だか、あてはまりそうだが、理由が、愛する人やペットを無くした喪失からくる悲哀であるから、実は、これは、うつ病とは診断されないみたいです。

今日本では、うつ病は日常的な病気となり、100万人がかかっているとも言われています。

しかし、症状のチェックリストが該当しても、もしかして、それが、何かの喪失による悲哀からきている症状だとしたら、本当に投薬の必要なうつ病なのだろうかと、考えてしまいます。

例えば、世の中の不景気の影響で、職を失った、とか、売り上げ目標に達しなくて、上司からはしかられ、自分のことも自信がなくなってきている状況、それは、今まで、社会人として保ってきた自尊心の喪失と捕らえることができるのではと、私は思います。長時間労働や過酷な目標で、いままでのような、自分の時間を持てなくなった、これだって、自由の喪失ではないかしら・・・

何かを喪失したとき、人は誰でも、気分的に憂鬱になります。

新聞の記事にも、『うつ病の範囲を拡大しすぎだと思う』といったことが、書かれていますし、アメリカでも『それは「うつ」ではない』(ホーウィッツ・ウェイクフィールド著、阪急コミュニケーションズ)が出版されています。

私は、カウンセラーとして、そうした気分に苦しいなー、辛いなーと感じていらっしゃる人達には、ぜひ、まずは、カウンセリングを受けてほしいなと思います。何か糸口を見つけるお手伝いをするのが、カウンセラーだからです。

ぜひ、気軽にカウンセリングルームの門をくぐって下さい。

     by  ミケニャンの友

 

 

うつ病からの脱出セミナー

3月3日に、うつ病から脱出するセミナーを開催します。

先生は、以前ブログで紹介しました、池田登先生です。

うつ症状脱出セミナー概要

 

詳細は上記のデータにありますので、内容を確認の上ご検討を下さい。

うつ病は、時間が掛かって大変な病気だと思っている方がいますが、

手順と方法が正しければ必ず脱出できます。

うつ病を治して、素晴らしい人生を歩んでいきましょう。

ミケニャンの同居人です。

今晩、ミケニャンが、天国に旅立って行ってしまいました。

ここ数日、ただでさえ細い食が、だんだん何も受け付けなくなってきて、もう限界かなと覚悟はしていたのですが、やはり、いざとなると涙が止まりません。食べれないのに、ミケニャンは、家族のメンバーみんなのことを後追いし、ちょっと腰掛ければ、ひざの上でうずくまり、と、今までにない位、積極的、行動的でした。きっと、辛い体調をおして、最期の力を振り絞って、私たちに、精一杯の愛を注いでくれたんだろうなと思います。

今はまだ、悲しみの真っ只中なので、言葉が続きません。また後日、大切なものとのお別れ、喪失について、考察するつもりです。

ミケニャン、どうもありがとう!!!   clover安らかにねclover

      by ミケニャンの友

池田式心理学について②(頑張ろうとしない勇気)

この記事もアメブロからの転載の内容になります。


今日は、頑張ろうとしない勇気について書きます。

人は何かやる時や、行動する時によく『頑張ります』という言葉を使います。

そんな僕も口癖のように使っています。

 

特に目上の人や尊敬する人には、頑張って何かを成し遂げる固い意志表示を

する事で自分を鼓舞したり、その人の為にやりたいという気持ちを出して

相手によく思われようとします。

それで上手く成功する場合もありますが、失敗した時は凄く落ち込みます。

あの人に宣言したのに、どうして自分は出来ないんだろう、

出来ない自分が恥ずかしい、自分はダメな人間だと思い込んでしまう事も

あると思います。

 

 

頑張りますと言ったことで、自分にプレッシャーをかけてしまっている為、

少しでも小さなミスをしてしまうと、私は失敗したからもうダメだと思ってしまい、

目標にしていたものや行動に対して諦めてしまうことがあります。

相手や自分の為に、目標に向かって頑張る事は素晴らしい事ですが、

その分自分を追い詰めて無理をしているという事に少し足を止めて

気がついてみてください。

 

 

 

頑張りすぎなければ、達成できた目標や出来事がきっとあります。

自分の可能性を信じて、無理をしないで自分の心と相談をしながら

一歩ずつ目標に向かっていってください。

以前失敗した事でも、きっといい結果が出ると信じて何事にも

接してみてください。

ご自分が思い描いていた結果になれば、僕も嬉しいです。

池田式セラピーについて

先日、池田式心理学についてというタイトルでブログを投稿させて頂きましたが、

このブログで池田先生についてご紹介をさせて頂きます。

 

 

セラピストの池田登先生は、熊本で30年以上カウンセリングをされています。


対象としているクライアントは、不登校・引きこもりの学生や、精神疾患(うつ病等)を

抱えているクライアントさんと様々です。

通常、精神疾患(うつ病)等は、心の調子が悪くて発症するという認識だと思いますが、

池田先生は全く違う解釈で精神疾患を捉えています。

誰も考えつかない様な、脳科学と心理学を融合させて、池田先生独自の理論と方法で、

精神疾患を抱えたたくさんのクライアントさんの症状を回復させて、

日常の生活に戻れるようなサポートをされています。

また先生は、病院などの医療機関との連携もされていて、カウンセリングと薬による処方によって

症状の改善を出来るだけ迅速にするように心掛けております。

現在、軽うつやうつ病は4人に1人はなっていると言われています。

誰もがなる症状ではありますが、適切な対処で回復は可能です。

DNA

寒い日が続きますね。

こんな日は、フワフワ毛布の中に入り込んで、ぐるっとまん丸に縮んで寝るに限るとばかりに、ミケニャンは爆睡中です。

 

ところで、人の遺伝子の全DNA配列の99.4%は、チンパンジーと同じなんだそうです。

ちょっとびっくりしました!

さらに、あなたと私、あの人、この人、あいつ・・・等々、人間は、ひとつの種として、0・01%を除いて、すべての遺伝子配列が同じなのだそうです!ですから、生物学的に言えば、99.99%同じということになります。残りの、僅か0.01%の違いがあることで、違いがでてきていたのですね。

ミケニャンと私との違いは、DNA配列でいうと、いったい何%違うのかしら?

     by   ミケニャンの友

ミケニャンの紹介

このブログは、ミケニャン日記と命名していますが、まだ、きちんとミケニャンについて紹介していませんでしたよね。

既に、写真はのせたので、ミケニャンは、その名の通り、雑種(三毛猫系)の猫ちゃんです。女の子です。

1年半ほど前に、迷子になっていたので、どうしたのって声をかけたら、家まで着いて来て、家の中に入ってきました。

それ以後、外には殆ど興味がなくて、のんびりと寝たり、甘えたりの毎日です。

小さいので、子猫かなと思ったのですが、獣医さんによると、かなり、お年らしいです。言われてみれば、食も非常に細く、動きものっそり、耳はあまり聞こえてないようだし、トイレも近いです。

ミケニャンの生き方をみていると、本当に毎日癒されます。存在そのもの、ただそこにいるだけでいいって感じかしら。

人もそう!みんなみんな、ただそこにいるだけでいい、この世に存在していること自体既に尊いってことです。

だって、あなたも、私も、何百年、いえ、何千年、何万年もの命のバトンリレーを経て、今、この世に存在しているのですから!!!

 

今日は、特に疲れたので、ミケニャンのやわらかーいフワフワの毛にタッチして癒されながら、休もうかしら・・・moon3

              by   ミケニャンの友

心理学って?

100911_112729 (1).jpg心理学が好きだと書きましたが、そもそも、心理学って何?と思う人もいるかもしれませんね。

私が、かれこれ30年以上前に心理学の存在を知ったのは、性格判断とか、そんな感じの本からだったと思います。占いの本と同じような類だと思いつつ、人にとっても興味があった私は、大学で心理学を専攻することになりました。そのころの心理学は、行動主義心理学・学習主義心理学が主流で、人はこんな時こんな風に行動するとか統計とって、心の動きと行動を分析するみたいなことをやりました。群集心理とか、社会心理とか・・・

そもそも心理学という学問の歴史は、浅く、18世紀後半頃の催眠療法に始まっています。精神分析のフロイトは、皆さんも、名前を耳にしたことがあるかもしれませんね。そのころの心理学は深層心理学(精神分析)が主流でした。その後、先ほど紹介した、行動主義・学習主義心理学の時代となり、その後、第三の勢力と言われるヒューマニスティック心理学(人間性心理学)が発展しました。これは、人には、主体性、自由性、自己選択性があることを、積極的に認めていく立場で、そもそも人が苦悩するのは、人がこのように本来兼ね備えている自己実現の傾向を否定されることによって、生じてくるのだと唱え、人間の持つ尊厳を尊重する心理学です。さらに発展し、第四の勢力として、今注目されているのが、トランスパーソナル心理学です。この心理学では、ヒューマニスティック心理学をさらに発展させて、人が心の健康を保って自己実現をめざして、精神的、人間的、霊的成長を成し遂げるための理論とその具体的方法論を研究しています。

心理学は、心の動きやメカニズムを観察分類したり、分析する学問から、人が、いかに、健康で、幸せな気持ちで、自己実現を目指して生きていくかという、「生きる」ためのスキルを研究する方向へと発展してきています。

さらに、脳科学の進歩によって今、心の動きとか、感情とか、考えとかいわれるものが、脳の器官の働きによるものであることが、わかってきました。

心や精神と言われるつかみ所のなかったものが、脳の器官や神経と具体的に結び付けて解明されつつあるこの新時代の心理学に、今後、どんどん切り込んで、新しい情報を発信できたらいいなと思います。

                              by  ミケニャンの友

 

 

ご挨拶

*オーロニャン* (はじめまして!)

いきなり、ミケニャン言葉で挨拶しちゃってすみませんcat

カウンセラーの田中です。どうぞよろしくお願いします。

人が好き、動物が好き、花が好き、木が好き、雲が好き、石ころが好き・・・・・

そして、心理学が好き!

心理学は、生きていく上で、とても役に立つ情報が詰まっています。

それなのに、義務教育の科目や、高校の必修科目には含まれていません。とても残念です!

人は生まれた瞬間から死ぬまで、脳を働かせて、心に色々な思いを抱きながら生きていきます。

幸せな気持ち、悲しい気持ち、不安な気持ち、怒り。これら、心に浮かんでくる色々な気持ちは、

自分ではコントロールできないもの、運命、周りのせい、性格だから仕方がない、と考えていませんか?

ところが、心理学を学ぶと、自分で自分の心のメカニズムを把握できるようになり、とても楽になるのです。

心理学の知識を持つと、他者とのより良いコミュニケーションの取り方がわかってきます。

バーミリオンハートでは、最新の脳科学と、心理学に基ずくカウンセリングと講座を通して、一人一人が

幸せな人生を歩んでいくお手伝いをしたいと思っています。

英会話や、パソコンのスキル、車の運転を習うように、どうか、皆さんに、心理学を知ってほしいなと思っています。

ブログを通しても、これから、色々情報を発信していくつもりですニャンbud201103181810000.jpg

 

 

 

 

池田式心理学について①(自分を認める)

記事の内容は、アメーバーに投稿したものを転載していますので、予めご了承ください。

 

早速ですが、心理学についてのブログを投稿していきます。

読んでいる方の為になるものをと思っていますが、きっと自分に言い聞かせる為のブログにもなるだろうと思います。

偉そうな事を言っていますが、自分でも出来ていない部分が多いのでブログに書いてやるしかないという感じで、

自分を追い込まないとやらないタイプの人間なので、皆さんにご協力をして貰えればと思います。

 

心理学では自分を認める事は基礎の部分に辺り、カウンセラーをしていくうえでは一番重要なキーワードです。

この自分を認める事ができてるカウンセラーほど、相手の話を聞けている状態になっています。

何故かというと、相談に来る相手は自分の事を見失っていたりどうしたらいいのか分からなくなっている状態です。

たまに単に話を聞いて欲しいという人もいますが、大体はカウンセラーを頼りに何とかして貰いたいから相談に来ます。

自分の事を理解してなければ、相手の事を理解する事は到底出来ません。

 

ただこれは、カウンセラーだけに当てはまるものではありません。

心理学を勉強していない人も自分を認める事をして欲しいと思います。

それは、自分の事を一番理解しているのは、家族、友達の誰でもありません。自分自身です。

僕もそうですが、自分の事となるとダメな部分が良く分かるので、『あそこがダメ』、『ここがダメ』だと

つい思ってしまいますが、そうすると自分を心から褒めたり認めてくれる人がいなくなってしまいます。

 

こういうブログを書いていても、僕も自分の事が嫌いな部分はありますが、自分が嫌いな人が心から

相手の立場に立って接する事は出来ないですし、思いやる事も出来ないなって思います。

ただ、こういう時自分の事が嫌いになるなと分かっていれば、そうならないように注意する事が出来ますけど、

無意識のうちにやってしまうと、相手が困っている時に助ける事が出来なくなってしまう可能性があります。

 

それに自分を認める事は、自分の中にある潜在意識にも働き掛ける効果があります。

普段自分の事を否定していると、否定している事で自分はこれをやってはいけないんだという思いこみで

制限をかけてしまい、意識の中にどんどん刷り込まれていきます。

それをしない為には、自分で意識している限りで構いませんので、どういう時に自分を認められて、

自分を嫌いになるのか観察をしてみてください。

観察の結果を忘れない為に、何かに記録として残しておくと、読み返して振り返る事も出来ます。

 

昔の人が残した諺で、『信じる者は救われる』これは宗教とかではなくて、自分自身の事を指しているのではと僕は思います。

自分を信じて認める事は、唯一の理解者である自分自身を守り、その大切な気持ちを育てていくものです。

人間は、自分の事を認めてから強くなるんだなと実感をしています。

« PREV 1  2  3
PAGE TOP