うつ病の家族

うつ病の家族の接し方

 

スクリーンショット 2013-09-18 18.01.00.pngのサムネール画像

         うつ症状の方への家族の接し方

 

                           うつ症状が出ている人との接し方
               (うつ症状が出ている当人のご家族&周りの人のために)

 あなたの大切な人がうつ症状で目の前で苦しんでいます。早く回復し
 て元気になって欲しいと誰もが願うのは当たり前のことです。でも、

 「励ましてはいけない」
 「“がんばれ”は禁句」などと言われてしまったら、どんな言葉をかけ
 たらいいのでしょうか。うつ症状が出ている方はその症状のために、
 仕事、家事、勉強などしたくても出来ないことで辛い思いをしてい
 ます。うつ症状が出ている当人は、怠け者に見えることがあるかもし
 れません。しかし、本来はまじめで、能力があり、責任感の強い人の
 はず。物事を順調に、そして完全に成し遂げようと考える人です。

 ・・・むしろ、うつ症状が出てしまうほどに頑張りすぎたために疲れ
 てしまい、まじめな人だからこそ、出来ない自分に苦しんでいるので

 す。今はうつ症状で苦しんでいるけれど、もともとは立派な人で、回
 復のためのステップを踏みさえすれば元の立派な姿に戻れるのだと、
 本人を信じましょう。本人の回復力を見守ってあげてください。
 「うつ」を経験した人ほどより強く、より優しくなれるのです。
 ご家族の皆さんには是非、適切なサポートをお願いします。

 

        うつ症状が出ている人との接し方 

 

  • 聞き上手になる。よく話を聞く。
  • 会話の内容より、感情をくみ取る。
  • 温かさを持ちつつも、相手の問題に巻き込まれてしまって、一緒に混乱したり動揺したりしない。
  • 「わたしはいつも、あなたの味方です」というメッセージを伝え続ける。
  • 良かれと思ってもせかさないで、温かく見守る。
  • 気分転換にと、運動や外出など無理強いをしない。
  • 生活上の負担を減らし、なるべく休息を取れるような環境をつくる。
  • 症状は一進一退があることを理解し、家族も決して焦らない。
  • 悩みを大したことがないと否定したり、説得やお説教などはしない。
  • うつ症状が出ている当人の感情に一喜一憂したり、振り回された接し方をしないように心がける。

 

 当人のうつ症状の回復には、ご家族が果たす役割はとても大きいと言
 えます。当人はご家族の接し方や態度に敏感に反応します。本人のう
 つ症状が出ている状態を理解する・・・怠けているのではなく、悩み
 ながらも日々を送っていることを十分理解してもらえると、当人は安
 心してうつと向き合い、闘うことに専念することが出来ます。当人は
 十分に考え悩み自分のことを理解しています、でも何も出来ないのが
 うつ状態です。本人がしたくないと言う意思を伝えたら、その時はそ
 っとしておいてあげてください。

 最後にご家族が共倒れしないために一言・・・うつ症状で苦しんでい
 る当人を支える方々にとって、大切なことは、自分自身を守ること
 です。あなたご自身が、心や体を休めることができるような工夫を
 ぜひ考えてください。そうすれば、うつ症状で苦しんでいる当人への
 接し方も変わってくるはずです。

スクリーンショット 2013-09-18 18.01.00.png

PAGE TOP